ルポールのドラァグレース「シーズン13 Meet the Queens」感想レビュー!

ルポールのドラァグレース「シーズン13」のキャスト紹介の映像を全て出した状況で、それぞれのインタビューや他のクィーンやファンの反応をまとめながらレビューしたいと思います。

その前に、つい最近出たばかりのトレーラーを貼り付けます。

 

スポンサーリンク

シーズン13のキャストレビュー

今回は色んなメディアにそれぞれ違う映像を流すので、全てをフォローしていないと気付かない事がおおく、追うのも結構大変。

でも、こんなコロナ禍で撮影も大変だったと思いますが、クォリティーも落とさずに素晴らしいと思います。

今回は結構ドラマやTeaがあり、ルポールのベストフレンドレースにはならなそう?という様なニュアンスで話していますが、最終的にどの様に編集されているか出演者達も分からないですけどね。

それではレビューです。

デナリ

 

この投稿をInstagramで見る

 

RuPaul’s Drag Race(@rupaulsdragrace)がシェアした投稿

シカゴで活動中、28歳

これを見た方々はやはりヴァレンティーナを連想してしまうかも。デナリはアラスカ育ちですがメキシコ人の血も入っているとのこと。ルーツを取り入れると似てくると思います。そしてシカゴで活動していますが、シカゴの中でも努力家だと高評価。フィギュアスケート先生で子供に教えているそうです。現状でファンも多いようですね。

本当に綺麗な顔していますわ〜このガウンも気に入っています。体も柔らかそうですし、リップシンクのビデオを見ましたが踊れる。ただ、真面目そうなのでガードを崩せなそう。性格が良すぎる気がする。

 

スポンサーリンク

エリオット

 

この投稿をInstagramで見る

 

RuPaul’s Drag Race(@rupaulsdragrace)がシェアした投稿

ラスベガスで活動中、26歳

テキサス出身で5歳からバレエを習い一時ダンスの先生(アリッサ・エドワーズのダンススタジオ)だったことも。その他パジェントとしても経験があります。もともとは「Elliott Puckett」という名前でしたが、著作権の問題で変更。他のクィーン達のレビューを見ていても、あまり知られてなく様子見をされている。UK版のクリスタルと顔が似ているという意見が多い。レオパード柄がトレードマーク?

ハウスオブエドワーズでは無いが、関係クィーンは勝てないといジンクス?があるので、どうなんだろうか。インタビューなど見ていますが、プロダンサーで自分で洋服が作れてパジェント経験があるだけ相当ポリッシュされたクイーンという印象。話し方も計算されていて何か性格を抑えている感じがして、怪しい気はしています(悪役なんじゃないかと)。ってことで、自分も様子見かなー。

 

ゴットミク

 

この投稿をInstagramで見る

 

RuPaul’s Drag Race(@rupaulsdragrace)がシェアした投稿

ロサンジェルスで活動中、23歳

レビュー動画など見ても、誰もが画面に釘つけになるほどものすごい注目度。初めてのAFABでトランスジェンダー男性。代名詞はドラァグの時はshe、ボーイの時はheだそうです。すでにストレートの視聴者は混乱しているのが個人的に笑えている。応援していない人はいないですよね〜フォロワー数も一番多い。

ガチで応援しているけども、他のクィーンもきちんと見ていきたい。ミクの凄いところは、顔面を白くするスタイルが年齢層関係なく受け入れられるということ。やはりロックバンドの「kiss」からインスパイアーされているメイクもしている。日本でいうデーモン閣下がいますが、顔面白いメイクは見慣れているんですよね。とにかく。ウィッグから着ているものも、足元まで凄いですよね。やばいです。

 

ジョイ

 

この投稿をInstagramで見る

 

RuPaul’s Drag Race(@rupaulsdragrace)がシェアした投稿

アリゾナ州で活動中、30歳

Trade of the season(ゲイに見えない)と言われていますが、一時ゲイパジェントの男性部で出ていたそうです。プロのダンサー。ウィッグ大嫌いだそうで、ミシェルにいじめられるのではと予想されているけど・・・。実は、ウィスコンシン州で一時トリクシー、ジェイダ、ジェイムズと同じアパートに住んでいた事があるそうです。そのときボールルーム系のダンスを教える仕事をしていたそうです。

個人的にダークホースです。S10キャメロンの時の様に勝ち進んで行く予想!確かに今までにいないタイプのクィーンだからどうなるか予想せきないけど、結構良いところまで行くと思いますね。個人的に要注意人物。

 

カモラ

 

この投稿をInstagramで見る

 

RuPaul’s Drag Race(@rupaulsdragrace)がシェアした投稿


シカゴで活動中、28歳

シカゴ生まれですが、3人目のベトナム系クィーンです(キモラ・ブラック、プラスティーク)。ドラァグシスターには、ナーシャ・ロペズ、ディダ・リッツ、ジェイダ・ホールがいる。自称ルックスクィーンでは無いとは言っているが、周りでは相当なポリッシュされたファッションクィーン(グラマー)と言われている。シカゴからもう応援されている。

ほっそーい!シーズン13のアジアンクィーンなので応援しています。ただ、アクティングチャレンジやインプロブチャレンジが心配ですね。アメリカで生まれ育っているので言葉の壁はなさそうですけどね。映像など見たけども、かなりスイートなクィーンです。

スポンサーリンク

キャンディ

 

この投稿をInstagramで見る

 

RuPaul’s Drag Race(@rupaulsdragrace)がシェアした投稿

ニューヨークで活動中、25歳

あまりキャンディの事を知らない人は、シルキー、ユリーカ、バンジーに似ていると言っていますか、本人はかないr嫌がっています。ドミニカン系クィーンで、初めてBIGクィーンの優勝になるのではと期待されている。シーズン12に出演予定だったのが急遽変更され、変わりにドラァグシスターのダリアが出演した。NDAスレスレで情報を流しているけど、見逃されている気がします。

ドラマ、コメディを期待されてキャスティングされたと思いますが、結構良いところまで行くと思うんですよね、バンジーの様な待遇をされるんではと。ルポールのお気に入りだと思うんですよね。ちなに、このボディスーツはあまり好みではないかな。

 

ララ

 

この投稿をInstagramで見る

 

RuPaul’s Drag Race(@rupaulsdragrace)がシェアした投稿

アトランタで活動中、30歳

まだベビークィーンと言っているだけ、あまり知られていませんでした。共演者からはワークルームを明るくさせるほどムードメーカーだったと言われています。ハイディの様な感じなのかもしれませんね。シーズン2のニコル・ページからドラァグを相当習ったそうです。

ルポールもアトランタ出身ですからね〜しかも好きなタイプだから結構良いところ、大袈裟だけどTOP4まで行くような気はするんですよねー。

 

オリビア

 

この投稿をInstagramで見る

 

RuPaul’s Drag Race(@rupaulsdragrace)がシェアした投稿

ニューヨークで活動中、26歳

プエルトリカンのハーフ。シアターで舞台経験、ドラァグレース初のピアニストで、歌も プロ級で上手だそうです。シーズン12のブリタと似ていると言われているが、ボーイの時はアジア・オハラに似ているとも。かなりスイートで他のクィーンから好感度高く、ミス・コンジニアリティになるとも予想されるほど。

すごくチャーミングですよね〜。結局舞台やっているとかダンスやっているって過去にもいましたが、オリビアの場合は口だけではなく動画を見ると、確かにプロフェッショナル感があります。ドラァグショーの映像などでも、ちょっとレベルが違うパフォーマンス。個人的に唾つけって感じですかね〜非常に気になっているクィーンです。

 

ロゼ

 

この投稿をInstagramで見る

 

RuPaul’s Drag Race(@rupaulsdragrace)がシェアした投稿


ニューヨークで活動中、31歳

スコットランド系アメリカ人。シーズン12のジャンとドラァグシスターで、一緒のステファニーズチャイルドのメンバーです。ピンク版ジャンと言われているようですが、ドラァグスタイルはカナダ版のスカーレット・ボボに非常に近いパンク系だそうです。他のドラァグクィーン達からも優勝候補と言われているほどリスペクトされ期待されている一方で、ピンク好き以外に一体どんなドラァグクィーンなのか全く伝ってこないという意見も多い。

正直、ジャンの時も期待されたが、少々期待しすぎると画面では違った様に見えてしまうんじゃないかと不安。ロゼもかなり予算をかけたワードローブという噂ですが、ジャッジにどう伝わるかが見どころの様な気がします。あまりにもデザイナーに委託しすぎると個性が失われてしまうと思うんですすが・・・色んな意味で要注意クィーンです。

 

シモーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

RuPaul’s Drag Race(@rupaulsdragrace)がシェアした投稿

ロサンジェルスで活動中、25歳

ハウス・オブ・アバロンのメンバーですが、このハウスは一般的なドラァグクィーンのファミリーとは違いアーティスト系のハウスで、イメージとしては現代版クラブキッズだと思います。因みにシーズン12のジジとはドラァグシスターで現在ハウス・オブ・アバロンのメンバーと一緒に住んでいるので、ファミリーに入ったと言われている。Meet the Queenの時のウィッグはジジが作ったそうです。今シーズンのアーティスティックなクィーン。

彼女は最後まで行くっしょー!ルポール大好きなタイプだし、シーズン10のアクエリアの時と同じエネルギーを感じますね。TOP4は間違い無いと思っています。どんな引き出しがあるのかが楽しみなクィーンです。

スポンサーリンク

タミシャ

 

この投稿をInstagramで見る

 

RuPaul’s Drag Race(@rupaulsdragrace)がシェアした投稿


アトランタ出身、年齢未公開

すごいですよ、100人近くのドラァグドーターがいるそうです(30人ほどは亡くなっている)。本当の子供は3人います。Miss GayUSofA 2005年優勝(アジア・オハラは2006年、アリッサ(ココ)は2010年)。数年ブランクがあり、モチベーションが無くなっていたのと、その間はガンとの闘病生活だったそうです。2018年頃にドラァグに復帰。とにかく大御所中の大御所で注目度が高い。他のドラァグクィーンからは、歩くドラァグ教科書とも言われている。

100人近くドラァグドーターがいるって事で、なんかの社長?みたいな感じ?(笑) 果たして、共演するララとどれほど近いのかが気になります。個人的に勝ちに行くというか、勝負の感覚を取り戻すため力試しにも感じる。ドラァグレースを楽しんで欲しいですね。

 

ティナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

RuPaul’s Drag Race(@rupaulsdragrace)がシェアした投稿

ニューヨークで活動中、39歳

シーズン11のニナ・ウエストと結構仲良しらしいですし、一緒に仕事をしているクィーン達がどんどんドラァグレースに出演していき・・・やっと掴んだシーズン13!因みにUK版ジャッジのグレハム(年配の方)の元カレだそうです。結構強い口調だったmeet the queenでしたが、もしかしたら悪役なのかな?

頭脳派コメディクィーンなのでキャンディと同じく盛り上げていく予想。キャンピーコメディクィーンって結構良いところまで行くんですよね。

 

ユティカ

 

この投稿をInstagramで見る

 

RuPaul’s Drag Race(@rupaulsdragrace)がシェアした投稿

ミニアポリスで活動中、25歳

本人も言っていたように洋服のデザイナ。トレードマークはハーフ&ハーフ。以前、地元で金銭トラブルがあったらしいがSNSで既に謝罪している。ルッククィーンでユニークだから人気がある一方で、強制された感じの笑い方がNGという人も多い。デザイナー以外では、テイラースイフトのモノマネなどでも知られているそうです。

実際に3番目くらいに人気なのかな?1番はミク、次はデナリでそのあとくらいですね。個人的に全く読めないです。フィラークィーンとして採用されていない様にも感じますね。シーズン12でクリスタルが予想以上に四方ので似た路線のタイプだから採用した様にも感じます。

 

これで以上になります。

という事で、私は現時点ではミク以外でオリビアが気になっています。シモーンも良いですよね。今後のインタビューなどで変わってくるかもしれませんが。

放送は日本時間1月2日から!ほぼタイミリーで視聴したい場合はWOW Presents Plus(有料)から。