ルポールのドラァグレース UK「シーズン2」エピソード8 感想レビュー!

ルポールのドラァグレース UK「シーズン2」エピソード8のレビューです!

ミニチャレンジからコメディ、すべて面白かった!特にランウェイも素晴らしかったし、今シーズンのUK版に大満足です。

日本でも字幕版をやってほしいわー。

ここにきて、ローレンスが爆発しましたね。しかし、これについて納得しない視聴者らが本人へ攻撃。そしてローレンスはツイッターのアカウントを消すまでになりました。

 

その辺について色々と明らかになってきたのでレビューいってみましょう!

 

スポンサーリンク

実は恒例の質問がカットされていた

 

放送が終了後、アオゥラがこの様にツイッターに投稿。

TOP7〜5辺りになると、ルポールが必ずする「今夜誰が家に帰るべきか、そしてその理由を答えろ」という質問があったのにカットされたらしい。実はこの質問で、エリがアウォラの名前を言ったらしく、それについてアンタックドでムカついていたんだと。

どこの情報か確認ができていないのですが、話によるとエリが大泣きしながら謝ったシーンもあった様ですが、そこもカットされたそうです。

でも、なんでそこをカットするかな〜(笑)これこそがリアリティーTVでしょ!

 

ローレンスは怒りすぎか?

エリは当時まだ最年少で21歳なんですよね。ローレンスにとっては地元も同じの後輩。

ローレンスはツイッターのアカウントを消した経緯などについてFacebookで説明しました。

 

 

長文なんですが、言い分として「これはコンペティションだから、賭けにでたと言うけど、それにより邪魔されてる身として怒るなっていうのは違うだろ。オールスターズでナオミがマニラのリップスティックを選んで帰した時は同じ事を言っていなかったでしょ?」って感じでしょか。

うーん、でも個人的に怒りすぎだと思いますね。テレビ的にやっている訳ではないから、もしオールスターズってなった時は出演しない方がいいかもね。ていうか、まだまだ続きがあるのかな?

 

エピソード後のインタビュー動画があります。

アウォラのインタビューでは、アウォラとエリは相当仲が良くなっていて、一緒にフィナーレに行こうって感じだったのに、すごく裏切られた気分だったと話しています。

 

 

ちなみに、アウォラがコメディチャレンジでピー音で消されたの言葉は「Gaping Arsehole」と言ったからでした。イギリスではAssholeをArseholeっていうらしい?意味は、ぽっかり空いたお尻の穴。Nan(おばあちゃん)とおソロい穴っていうテーマだから(笑)生生しいからかな?消した方が面白かったので、これはこれで良かったかもね。

という裏話は、こんな感じでしょうかね。

テイスは凄いですね、リップシンクアサシン。リップシンクも良かったですね、ジーンっときました。

 

来週はアクティングチャレンジだそうですが、予告で見る感じ、なんだかローレンス、まだエリに対して怒っていそうですよね。

それでは、また次回!

もう楽しみで楽しみで