ルポールのドラァグレース「シーズン14」キャスト紹介![独自]

ルポールのドラァグレース「シーズン14」のキャスト14名が公式で発表になり、Meet the Queenの動画がアップされました。放送は2022年1月7日から開始!

Meet The Queenの映像はこちら

 

今シーズンの見どころなのは、ヘテロセクシュアルクィーンが出演ではないでしょうか。これについて色んな議論されていますが、日本の感覚だと別に違和感はないと思うのですがどうでしょうか?歌舞伎の世界には女役がいるわけですし、ミュージカルでも普通にゲイやトランスジェンダー役にストレート男性が多く使われていますしね。

それでは、個人的に調べて感じたクィーンたちの紹介になります。

 

スポンサーリンク

Angeria Paris VanMicheals アンジェリア・パリス・ヴァンマイケルズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Angeria Paris VanMicheals(@angeriavm)がシェアした投稿

アトランタ出身 27歳

パジェントクィーン。シルキー・ナツメグとドラァグシスター。ドラァグファミリーは広いでしょうが、マライア・パリス・バレンシアーガとは無関係だそうです。

TOP4には入るんではないかと期待されていますが、ジェイダ・エッセンスVibeを感じるとも言われています。動画を見ると確かにステージに立つとすごいオーラ。リップシンクスタイルはケネディ・ダベンポートに近い感じかな?

とにかく、個人的にペジェントだからとか、踊れるなどで惑わされない様にしたいが、今回は期待しても良さそう。実力はかなりありそうですよ。

Alyssa Hunter アリッサ・ハンター

 

この投稿をInstagramで見る

 

ALYSSA HUNTER 🏹(@thealyssahunter)がシェアした投稿

プエルトリコ出身 26歳

16歳の時に年齢をごまかしてパジェントにでたら優勝してしまったとか。基本的に今現在もプエルトリコでパジェントやショーガールとして活動中。動画を見ると踊れるのですが、アクロバティックな感じではなく、強いていうならマニラ・ルゾンの様なリップシンクスタイル。しかし、さすがパジェントで優勝経験があるだけあって、ランウェイウォークは素晴らしい。

名前はミスコンのアリッサとゲイパジェントのアリッサから。ハンターはミスコンチネンタル優勝したダニエル・ハンターから。しかし、スタイルは全く違うきがします。

個人的にトレード・オブ・ザ・シーズン予想?ですが、現段階では言葉の壁もあり、それほど注目はされていない。

スポンサーリンク

Bosco ボスコ

シアトル出身 27歳。

この眉毛が彼女のトレードマークだそうですね。シアトルクィーンは6シーズンぶりだそうですが、シアトルクィーンといえば、ジンクス・モンスーンやベンデラ・クレーム。しかし、ボスコは自称デビルシアトルクィーンだそうです。裸と悪魔を掛け合わせているのだとか(意味不明です)。しかし、アクロバティックなリップシンクから、サーシャのようなアーティスティックなこともするので、不思議ちゃんではない。

個人的に大注目、唾を付けかしら。

Daya Betty ダヤ・ベリー

 

この投稿をInstagramで見る

 

🧷DayaBetty🧷(@dayabetty)がシェアした投稿

シカゴで活動中 25歳

インタビューでも言っていますが、S12のクリスタルとドラァグシスターですがマザー的な存在とも。アシッド・ベティとは無関係。

芸大かどうか分からないですが、芸術を学んでいた経験をドラァグに生かしている。ドラァグスタイルはパンクロックとグラマー。ニュアンス的にいわゆるクラブ系〜SNSクィーンのようですね。ヒールを履くと身長が190cm超えるそうです。

正直、彼女は全く読めない・・・TOP4までいくかアーリーアウトか。ただ、若い世代に受けが良さそうなのはルポールは好きなので、クリスタルのように勝ち進めるかもしれませんね。

DeJa Skye デジャ・スカイ

 

この投稿をInstagramで見る

 

DeJa Skye(@dejaskye)がシェアした投稿

カルフォルニア出身 31歳

ショーガールで、アジア人にも見えますがラテン x アフリカンアメリカンだそうです。インスタグラムによるとノンバイナリーだそうです。パフォーマンスやホストもするらしいですが、プロの振付師兼ダンサーだそうです。色々動画を探すと、リップシンクは確かにレベルが違いますね。

正直、読めません。今後紹介していくクィーンたちと比較するとフィラーにも感じる。

Jasmine Kennedie ジャスミン・ケネディ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jasmine Kennedie(@jasminekennedie)がシェアした投稿

ニューヨークで活動中 22歳

唯一のNYクィーン。パジェントとショーガール。ドラァグマザーは「Mancie Mandell」でアジアンでトランスジェンダー。動画を探すと、4年前なども出てくるので、現在22歳ということは、かなり若い時からドラァグをやっている。コテコテのデスドロップ、スプリット、揚げ足パフォーマンス、とにかく花火のように色んな技を出してくる予感。リップシンクアサシンとして、きっと良いところまで行く予想しています。

Jorgeous ジョジアス

 

この投稿をInstagramで見る

 

JORGEOUS 💋(@jorgeous_1)がシェアした投稿

ナッシュビルで活動中 21歳

テキサス出身でメキシカンアメリカン。ショーガールですが、動画を探すと4年前にアップされているのも出てきました。アメリカでは21歳以上ではないとドラァグレースに出演できないのですが、誕生日のタイミング的にまだ20歳だったのではと言われています。また、16歳くらいでショーガールをしているのも、驚きですよね。とはいえ、キャスト発表後、フィーバーが起きています(笑) 相当な人気。なんだかプラスティーク・ティアラの時を思い出しました。

ジャスミンが一番フィっシー(すみません)と言われていますが、個人的にジョジアス一番だと思っています。

 

June Jambalaya ジューン・ジャンバラヤ

 

この投稿をInstagramで見る

 

June Jambalaya(@junejambalaya)がシェアした投稿

ロサンジェルスで活動中 29歳

ショーガール。ミッキーズなどでもパフォーマンスをしているようですが、それ以外はかなり謎です。当初、ネットではトランスジェンダーだと言われていたのですが、どうやら違うようです。しかし、情報があまりにも少ない。ミュージックビデオ的なのを出していますが、ショーでも一応出演しているようです。何か情報があれば編集します。

ごめんなさい、フィラークィーンだと思っています。

 

Kerri Colby ケリーコビー

ロサンジェルスで活動中 25歳

はい、噂通りですね!次に紹介するクィーンもそうですが、レギュラーシーズン初のオープンなトランジェンダー女性クィーンです!きましたねー。ゴットミックと友達で一緒にいるのでご存じの方も多いかもしれません。有名なサーシャ・コルビーのドラァグドーター。ですが、ドラァグショーになると・・・例えばルージカルとか演技とかどうなのかな想像できませんね。

ごめんなさい、個人的にアーリーアウトだと予想しています。

Kornbread Jeté コーンブレッド・ジュテ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kornbread(@kornbreadthesnack)がシェアした投稿

ロサンジェルスで活動中 年齢確認中

2人目のトランジェンダー女性で、ドラァグマザーはシルキー・ナツメグです。当初は、シルキーはこれほどの人気が出るはずだったんだろうな〜と思ってしまう。。とにかく、コーンブレッドの人気がすごいです。シルキーもオールスターズで大活躍したのもあったかもしれませんが、とにかくショーを見たことがある方々からもコーンブレッドへの期待もすごいんです。

元々ロサンジェルスへ引っ越したのはミュージカルを勉強するためだったが、友人に初心者向けのドラァグコンテストに出てみろと言われ、出てみたら準優勝。そこから、小さなゲイバーなどからオファーが殺到し、今では有名店でパフォーマンスするようになった。

非常に人気もありますが、個人的にも現時点で優勝候補です。でも、最悪でもTOP4には入ってくるんじゃないかな。

LADY CAMDEN レディ・キャムデン

 

この投稿をInstagramで見る

 

LADY CAMDEN(@ladycamden)がシェアした投稿

カルフォルニアで活動中 30歳(確認中)

イギリス人ですが、アメリカ版に出ることにしたようですね。最初それほど気にならなかったのですが、ドラァグショーなどを見ていたら一気にファンになりました。なんといんだろう、UK版のリヴァー・ミッドウェーのようなチャーミングなんですよね。バレーダンサーとして活躍していたが、怪我していた時にドラァグに興味を持ち始めたのだとか。母親はブライダルやジュエリーなどのデザイナーだという情報もあります。

うーん読めない!でも唾を付けておこうかな。

 

Maddy Morphosis マッディ・モーフィス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maddy Morphosis(@maddymorphosis)がシェアした投稿

アーカンソーで活動中 27歳

は〜い、 ヘテロセクシュアル、シスジェンダー男性、のドラァグクィーンです。ドラァグ歴は5年ほどらしく、自分のセクシャルアイデンティティについて知りたかったことからドラァグを始めたんだとか。実はDragulaでもストレートクィーンが出演していたので、一部からすると、衝撃的ってほどでは無いんですけどね。ですが、多い意見としては、同じコミュニティーであるレズビアンや髭クィーンなどより先に、ストレート男性がドラァグレースに選ばれたというのに納得していない。私も個人的に順番は間違えたかなと思っていますよね。視聴率が下がり始めているから、ここで炎上させたかったのかな?とも。

しかし、面白いとも思います。どうなるのか。

 

Orion Story オリオン・ストーリー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Orion Story(@theorionstory)がシェアした投稿

ミシガン州で活動中 25歳

ミシガンからは初登場らしいです。ミシガンの方々はすごい応援しているので、代表的な感じでプレッシャーは感じていると思います。しかし、ドラァグショーのビデオなどを探していますが、少ない上にコメントしにくい感じです(笑)ドラァグスタイルは、レトロスタイルらしいです。やる気の無さがそのまま出なければいいんですが・・・。

うーん、申し訳ないですが、予想ではアーリーアウトです。

Willow Pill ウィロー・フィル

 

この投稿をInstagramで見る

 

💊 WILLOW PILL(@willowpillqueen)がシェアした投稿

デンバー出身 26歳

デンバーといえばイヴィやニナですが、イヴィのドラァグシスターです。今現在はシカゴで活動中みたいです。

ドラァグ歴も5年ほど?で、当初は大学のドラァグ大会でデビューし手応えを感じたけど世の中はうまくいかず、仕事がなかったが、最近は安定しているそうです。ただたんに、イヴィと一緒にドラァグしているって感じではなく、下積み時代があったようです。Voss Eventsプロダクションに入っているので、コネじゃないですけど、ドラァグレースではそれなりの成績になるんじゃ無いかと予想しています。

個人的にどんなアートを見せてくれるのかが非常に楽しみです。

 

 

ということで以上になります!

放送は1月7日(日本時間8日)から!