「ルポールのドラァグレース」アジア系ドラァグクィーンをリストアップ!

「ルポールのドラァグレース」に出演したアジアの血が入ってるドラァグクィーン達をまとめました。

今回はアメリカ版ドラァグレースで出演した方々に絞り、ドラァグレース・タイランドは含めていません。

顔はアジア系だけど、国はどこなんだろう?など気になり調べてみたら、実はこんなにも沢山いる事を知りました。

それでは早速、「移民」「アジア系アメリカン」「ハーフやクオーター」などなどご紹介いたします!

 

 

スポンサーリンク

Ongina オンジャイナ

シーズン1に出演したオンジャイナはフィリピン人です。

元々はニューヨークでドラァグをはじめ、カルフォルニアへ引っ越してから、シーズン1へスカウトされて出演したとインタビューで話していました。

 

スポンサーリンク

Jujubee ジュジュビー

シーズン2の出演したジュジュビーはインドナシア半島に位置するラオス人民民主共和国、通称「ラオス」系のアメリカ人です。

ラオス人ということはドラァグレースでも話していたので有名ですね。

生まれはアメリカのボストンです。タイ語も話せるそうです。

 

Shangela シャンジェラ

シーズン2、3そしてオールスターズ3に出演したシャンジェラ。

意外と知られていない?アフリカ系アメリカ人とサウジアラビア人のハーフです。惹きつける何かあると思ったら、やはり東南アジア系のエキゾチックだったのですね。

Raja ラジャ

ラジャはシーズン3のWinner!

ラジャはオランダ人とインドネシア人のハーフです。カルフォルニアで生まれ、3歳から6年間、父の出身であるインドネシアで育ちます。その後、アメリカへ戻りました。

 

スポンサーリンク

Manila Luzon マニラ・ルゾン

シーズン3、オールスターズ1と4に出演しました。

父親がアメリカ人、母親がフィリピン人のハーフです。生まれも育ちもアメリカですが、フィリピン愛が強いです。

 

Phi Phi O’Hara フィフィ・オハラ

シーズン4とオールスターズ2に出演したフィフィは、ポルトガル人とフィリピン人のハーフ。ですが、アイリッシュも入っていると以前書いていましたので、実際の割合は不明です。

 

Jiggly Caliente ジグリー カリエンテ

シーズン4に出演したジグリー。

詳しくは今現在わかりませんが、フィリピンで生まれで育ちはアメリカのニューヨークだそうです。今はトランスジェンダーと公表しています。

 

Vivienne Pinay ビビアン・ペネー

シーズン5に出演したビビアンはフィリピン人です。ニューヨーク州で育ち、今現在はカルフォルニア州にいる様です。

ハウス・オブ・エドワーズですが、最近ではドラァグクィーンとしてあまり活躍がみられ無いのが残念。

 

Gia Gunn ジア・ガン

シーズン6とオールスターズ4に出演しました。

日系3世のアメリカ人です。イリノイ州で生まれ、シカゴで日中はドラァグクィーンとして活動し、今現在はカルフォルニア州に住んでいます。

 

Kim Chi キム・チー

シーズン8でトップ3のキム・チーは生まれたのがアメリカですが、韓国で育った韓国系アメリカンです。

キム・チーはドラァグレースはもちろん、アメリカのテレビ史上、初めての韓国人ドラァグクィーン出演者だったそうです。

 

Kimora Blac キモラ・ブラック

シーズン9に出演したキモラはベトナム人です。ホームタウンはラスベガス。

 

Yuhua Hamasaki ユフア・ハマサキ

シーズン10に出演したユフアは広州市で生まれ、ニューヨークのチャイナタウンで育った漢民族。

ユフアは本名ですが、ハマサキは日本名なので勘違いされやすい。

 

SOJU ソジュ

シーズン11に出演しました。

時期的に不明ですがソジュは韓国で生まれ育ち、アメリカへ渡ったそうです。シカゴで住み、ユーチューバーやK-POPアーティストでもあります。

 

Plastique Tiara プラスティーク・ティアラ

シーズン11の出演しているプラスティークはベトナム人です。

ホーチミン市で生まれ育ち、11歳の時に家族でアメリカのテキサス州へ移住。

 

 

いかがでしたか?結構アジア系のドラァグクィーンっていますよね。

シーズン7にアジア系の出演者がいなかったのも不思議だったので、何度も調べましたがいませんでした。今になって思うと、シーズン7は比率的にコケイジャンが多いシーズンだったんですね。

これだけのアジア系のドラァグクィーンがいるのも嬉しいですね。引き続き応援していきたいと思います。