「ルポールのドラァグレース・ダウンアンダー」差別問題(ネタバレ注意)

ルポールのドラァグレース・ダウンアンダー(オーストラリア&ニュージーランド)シーズン1に出演しているドァぐクィーンが過去にやってしまった問題が、ネットで大炎上してます。とにかく、今シーズンのダウンアンダーは問題だらけです。

この先はネタバレ注意。

発端はエピソード5のワークルームでのシーン。アートが過去やったドラァグで後悔していることは?という質問に、スカーレット・アダムズはブラックフェイスをしてパフォーマンスを繰り返したことを話しました。ちなみに個人的に、アートはプロデューサーから、この質問をする様に仕組まれていたと思っています。

それでは詳しく説明したいと思います。

 

スポンサーリンク

放送以前から問題視されていたキャスティング

出演者の噂が流れた時に、「スカーレット・アダムス」「カレン・フロム・ファイナンス」「アート・シモーン」の過去の問題行動などの写真がSNSやRedditに拡散されました。掘り起こされるんですよね、どうしても。

スカーレットについては、複数のcultural appropriation「文化の盗用」、さらにブラックフェイスしてパフォーマンスしている写真が流れ一部からキャンセルされていた。

 

こちらは最近の投稿のものですが、検索すると色んな民族衣装を着ている写真が多く出てきます。この中には日本の着物の様なのを着て、芸者さん風をしている。

 

カレンはゴリウォーグのコレクションとタトゥー。ただし、現在はタトゥーは除去されている。

 

 

アートは日焼けのイベントを開催し、ブラックフェイスをしていると叩かれている。確かにオリジナル写真は黒い感じですが、最近はオレンジにフォトショップされてい様です。

 

その他、過去の写真

 

 

オレンジに修正されたもの

放送後、謝罪はした

カレンやスカーレットは放送前に何度か謝罪してきてましたが、今回のエピソード5の放送後、スカーレットはInstagramで改めて謝罪をしました。アートは謝罪というよりも説明している状況です。

スカーレットに関しては、去年もやっていたという情報もあるので、あまり信用されていないというのが現状です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Scarlet Adams(@scarletadamsdragqueen)がシェアした投稿

スポンサーリンク

ダウンアンダーがキャンセルされる(ネタバレ注意)

もう問題だらけなんですよね。オーバープロデュースされていると言われています。

エピソード2でサッシェイしたアートは、エピソード4でカムバックしました。

今シーズンのPOCクィーンは、たったの2人です。そしてエピソード3までに2人ともサッシェイしたのに、エピソード4でアートのみが無条件でカムバックした。流石に、これはアンフェアだと大ブーイング・・・からの〜、エピソード5。ルポールの対応も気分が悪い、納得できないなどという意見も多い。

しかも、この流れだとTOP3は待遇されているアート、スカーレット、カレンではないかと予想されています。もしスカーレットが優勝なんてしたら・・・。という状態ですね。

 

個人的な感想

今はスカーレットやアートが着ているオリエンタルな服を、日本の着物として議論されています。そして、それを日本人は受け入れられている事に喜ぶんだと。

知人などに聞いてみると全員、嬉しいと答えた。もしそれは超ミニスカートにされエロくされたらどう思う?って聞くと、みんな考え初めるものの、別にいいんじゃん?ってなっていました。

どちらにしろ、これは日本の着物ではない・・やるならもう少し勉強してほしいと個人的に思いました。でも、多くの日本人は、どうでも良いって思っていると思う。ブラックフェイスは完全にアウトだけど。

日本には日本なりに色々ありますしね。考えるきっかけになれば良いな。とにかくハロウィンは気をつけましょう!

 

話しは少し変わりますが、少しブログを休憩したかったので、ダウンアンダーのレビューはしなかったのですが、結果的にこれで良かったと思っています。個人的に、キタ・ミンのメイクがTHE BOULET BROTHERSと雰囲気が似ているので気になっています(笑)

でも、今回の3人がTOP3になりそうな予感がしているんですよね。

かなり問題になっているので、このまま視聴率が下がればシーズン2は無さそう。