ドラァグレース シーズン11 エピ6「ドラァグリンピック」のレビュー!!

まだブログのリニューアル中で、色んな不具合があり記事更新ができなくすみません。

今回のエピソードはリンプシンクの結果後、SNSなどで大炎上しています!

それについて後ほど。

スポンサーリンク

今回のミニチャレンジは大爆笑!ラブ・コニーのワークアウト!

Vh1

 

ラブ・コニーはYouTubeなどで見た事はあったのですが、あまり知らなかったので調べました。

ドラァグレースのプロデューサー2人と20年以上も前から親しく、ルポールとも15年も付き合いがあるのだとか。ずっと出演のタイミングを見計らっていたそうです。

そして、WOWプレゼンツプラスでシリーズが放送する事になり、今回はドラァグレースに出演する事になった、という流れの様ですね〜。リバイバル?でブーム中。

 

WOW Presents Plus

 

その他に、「キューティ・ブロンド(Legally Blonde)」など、映画にも出演し、今はカルフォルニアにある「ザ・キャヴァーン・クラブ(The Cavern Club)」でパフォーマンスしているとかで、行けば会えるそうです。

スポンサーリンク

やっと!プラスティークとアケリアがWinner!

 

チームをそれぞれが選びました。10人まで減ると、全員のスクリーンタイムがあるから、やっと全員が見られて良かったわ。しかし、それでも今回はシュガとニナがちょっと控えめだったかな。

トラヴィス・ウォールはエミー賞も受賞したダンサー・振付師。アダム・リッポンの振付も担当したそうですが、いやぁ今までの人達に申し訳がないけど、レベルの差を感じましたわ。

 

 

スーツでデスドロップって凄い身体能力ですよね。出来ないけど、私ならパンツ裂けそう。

 

それなのに、シルキーのシャツの穴が気になって仕方がなかったワタシ。

Vh1 Netflix

 

 

文句なしのアケリアチームの勝利

プラスティークチームの振り付けがあまり良くなかったという意見も結構見かけましたが、あまりにも踊れなくて簡単にしたのかもしれませんね。ただ、誰かがミスしたら乱れてたので、うーんって感じでした。

ニナはあまり期待していなかったけど、結構踊れててビックリしました。

VH1

 

ランウェイのグリッターって、全員金色だったから不思議だったけど、金メダルに因んでたらしい。

グリッターとだけリーク情報があって、YouTuberでグリッター系の洋服をレビュー動画用に準備してたら放送を見てゴールドへ急遽変更したと大激怒の方もいました。

 

そしてプラスティークチーム、ルポールから全員に誰が帰るべきかの質問しましたね〜。名前を言われて良い気分のはずが無い。この質問って実際の審査に影響があるのか、いつも思ってしまう。

で結局、ラジャとスカーレットのリップシンク。これがスカーレットを帰すべきでは無かったと、かなーり炎上しています。。

 

 

ラジャのFacebookの投稿コメント欄にヘイトコメントが殺到してたらしいです。ラジャはただ選ばれただけで何も悪くないのだが。。

それはともかく、色んな意見がありました。

「ラジャはオールドスクールなパフォーマンスでよかった」
「ラジャのランニングマンは無しだろ!」
「ラジャはステージから降る必要あったか?」
「スカーレットがハサミを投げたの危ない!」
「スカーレットのウィッグが途中からズレてたのはナシだ」
「スカーレットは踊れないのに頑張った」などなど

アンケート調査でも、8割以上がスカーレットが残るべきだったという結果でした。

私は、リップシンクのみ見ていたら、スカーレットを残していたけど、メインチャレンジから総合的に見たらラジャが残って正確だったのかな〜と思っています。

 

アンタックドの真相

 

シルキーなんか怒っていましたね〜。

放送直後にアリエルがツイッターで真相をつぶやいていたそうです。時差の関係時間をズラして放送しているので、まだ西海岸ではまだ放送されていなかったからか、すぐに消されたらしいのですが、RedditでSS撮った誰かがアップしてくれたのがこちら。

アリエルは、1つシルキーへウィッグを残し、アケリアが欲しいと言っていたのを(ドラァグリンピック時の黒いウィッグ)をあげた。その他は全てプラスティークに残してあげた。

と書いているので、プラスティークに残してあげたのは間違いでは無かった。これを見てから、アンタックドを見直すと、シルキーの方が話しがズレているかな。

あと、ラジャ怒ってましたねー。プレッシャーからだと思うけど。まーここら辺はリユーニオンで更に分かるのかな。

 

 

いやぁ〜本当、まだまだハズレエピソードが無い!今回も楽しめました。

それでは、また次週!