意外と知られていないMichelle Visage(ミシェル・ヴィサージュ)のヒット曲

Embed from Getty Images

 

RuPaul’s Drag RaceのジャッジMichelle Visage(ミシェル・ヴィサージュ)。ネット検索すると、「ミッチェル・ビセージ」や「ミッチャル・ビセージ」やら色々ありますが、英語の発音通りで呼ぶと、ミシェル・ヴィサージュになります。

そしてミシェル・・・実はあまり知られていないが、有名な歌手なんです! しかもハウスミュージックファンなら聞いた事があるはずです。さぁ!90年代初期でクラブ芝浦GOLDに行ってた人集まれーー!!

 

スポンサーリンク

S.O.U.L. S.Y.S.T.E.M. – It’s Gonna Be A Lovely Day

実はこの曲を歌っているのがミシェルなんです!

年齢がバレてしまいますが、どれほどこの曲で踊り狂ったか。

プロデューサーはあの有名なC&C Music FactoryのClivilles & Coleです。90年代を代表するプロデューサーでしたね。しかし元曲を聴いた人から全員から「なにこれ?」と言ったもんですが(笑)でもかっこよくremixし、ニューヨークではClub USAやSound Factoryあたり、日本なら芝浦GOLDやEND MAXでかかっていましたよね。

こちらは元曲のライブ映像です。あの長い爪はミシェルの物だったんですね。

 

スポンサーリンク

実はもっと有名な曲があった!

Seductionはご存知でしょうか?ラジオで何度も流れたものですが、これも実はClivilles & Coleがプロデュース。

ミシェルは自称マドンナ大好きと言うほど、本当マドンナそのものですよね(笑)

 

Heart Beat – Seduction

こちらも聴いた事があるはず。

Seduction – Two To Make It Right

 

ミシェルは凄い人なんだね

いかがでしたでしょうか?

RuPaul’s Drag Raceでも辛口ジャッジをしているミシェルって凄い人だったんだね。40代以上じゃなければ知らないかもしれませんが、私はこれを知った時は絶叫しましたよ! しかし、昔は痩せてたんだね~(笑)