「レジェンダリー(Legendary)」シーズン3にアジャも出演!

ボールルーム・ダンスコンペティション「レジェンダリー(Legendary)」のシーズン3にドラァグレース(シーズン9)アジャ・ラベイジャが出演!さらに、ゲストジャッジにはシーズン8のウィナーのボブ・ザ・ドラァグクィーンも出演しています。

シーズン1と2には特にドラァグレースクィーンが出演していなかったので記事にしてこなかったのですが、やっとシーズン3で絡ませてきましたね。残念ながら日本では合法的に見られませんが、HBO MAXオリジナルとしてU-NEXTに近いうちに追加されると予想しています。

まず、こちらがシーズン3のトレーラーです。

 

スポンサーリンク

ボールルームと「ハウス・オブ・ラベイジャ」の繋がりとは?

実はゲイ・パジェントの歴史は長く、100年以上前から行われていたそうです。ただ、そこの歴史について書くと長くなりますので、今回は簡単に説明します。

ドキュメンタリー「The Queen」の終盤であの有名なクリスタル・ラベイジャのシーン。

とても怒っていますよね。
実は、「The Queen」では順守差別的な内容は含まれていませんが、当時のパジェントでは白人しか優勝できなかったんです。周りから反対されながらも、クリスタルは肌を白く見せて挑みましたが、ドラァグレースでもよく言われるフレーズ「ホワイト・ヤング・スキニー・クィーン」に負けてしまった。
そして、その不公平さに大反発し、いわゆる黒人が主催する「ドラァグ・ボールルーム」を作ることになりました。
この時のシーンをアジャがオールスターズ3のスナッチゲームでやって、あまりにも似てて大反響でした。
クリスタル・ラベイジャはNYのドラァグシーンやドラァグレースでも重要人物であり、そのハウス・オブ・ラベイジャに2年ほど前からアジャが入り話題になりました。

現在のアジャ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aja LaBeija 👑(@ajathekween)がシェアした投稿

ドラァグレースのオールスターズに出演後、アジャは1年契約が切れた直後にドラァグクィーンを辞め、ラップアーティストとして活動を開始。自分のハウスも解散し、自分探しの旅も開始。

当初はノンバイナリーとして生きていましたが、オールスターズ6でトランジェンダークィーンのカイリー・ソニークが優勝したのを見て、激しく感動したそうです。主に、ブレずにカイリーはトランスジェンダーとしてもドラァグレースで活躍できることを証明したという理由でした。そして、アジャが素直に生きる決意をし、トランスジェンダーとしてカミングアウトしトランジションをスタート。

今ではドラァグクィーンも復活し、ボールルーム以外ではドラァグショーにも復帰している様です。今回のレジェンデリーの出演で一気テレビなどでも出演が増えそうですね。

 

実は、今回ゲストジャッジを務めるボブは、アジャが色んな困難だった時期に、ドラァグレースのレビュー「ピットストップ」や自分のポッドキャストでドラァグクィーンとして呼び、出演させていました。アジャが何か問題発言などで炎上したときも、守ってあげてたりサポートしていました。なので、個人的にもこの二人がレジェンデリーに出演するのはとても嬉しいんです。

残念ながら今現在は日本から見られませんが、アジャの出番はInstagramやYouTubeなどにアップされると思います。