「ドラァグレース・エスパーニャ」シーズン2のキャスト発表!簡単に紹介!

「ドラァグレース・エスパーニャ」シーズン2のMeet the Queenの動画が公開されました。放送は現地時間3月27日から開始。スペイン版はドラァグレースフランチャイズの中でもとても人気があり、楽しみにしているファンが多いと聞いています。

ジャッジパネルはシーズン1と同じで、12人のクィーンたちが挑みます。ジャッジたちも評判がいいので、これも楽しみですね。

日本からはWOW+で見られます。

こちらがMTQです。

スポンサーリンク

クィーンたちを紹介!

このMTQはテーマがあり、クィーンたちは統一感を出さないといけいので個性が見え難いことが多いです。ですので、InstagramやYouTubeでみていくと、ドラァグ姿のアーティストという印象が強く非常に楽しみです。

Ariel Rec(アリエル・レック)

 

この投稿をInstagramで見る

 

⚡️Ariel Rec ⚡️(@ariel_rec)がシェアした投稿

マドリッド出身 33歳

S1のキラー・クィーンとドラァグシスターでミュージシャンでありながら、本業はフォトグラファー兼タトゥーアーティスト。ドラァグスタイルはロックっていう感じでしょうか。歌も出しているので歌えるのは確かですが、リップシンクはどうなるのか。動画を見る限り派手に踊れる訳ではないので気になるところ。

現地では有名らしく、シーズン1の出演が噂されていたらしいですが、おそらく先にキラーを出演させたのでしょう。現地ではTOP3の予想されています。

 

スポンサーリンク

Diamante Merybrown(ディアマンテ・メリーブラウン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Diamante Merybrown(@diamantemerybrown)がシェアした投稿

ドミニカ人 マドリッドで活動中 26歳 (ノンバイナリー)

S1のアランチャと同じハウス。情報は少ないですが、Instagramなど見ているとパンデミックになる直前にハウス入りしたようです。

クラブなどでパフォーマンスしている動画を見るとかなり踊れます。ボトムになったとしても勝ち抜きそう。

 

Drag Sethlas (ドラァグ・セトレス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Drag Sethlas(@dragsethlas)がシェアした投稿


ラス・パルマス出身 31歳

まだ呼び方は英語圏からなので、現地の呼び方は確認中です。

S1のドラァグ・ボルカノはドラァグドーターだとInstagramで説明していますが、本人はからはまだ明確にしていないようです。おそらく番組上で何か説明があるのかもしれませんね。でも同じファミリーです。

プラットフォームもランウェイなどで脱ぐことは無いとも予想されていますが、ボルカノより活躍するとも予想されている。

現地ではアイコン的存在で、すごい人気があるのだとか。パフォーマンスはジェンダーレスな印象です。

 

Estrella Xtravaganza(エストレア・エクストラバガンザ)

バルセロナで活動中 26歳

MTQではキャンプクィーンに見えますが、Instagramを見るとクラブキッズ系なんですよね。また、ボールルームシーンにも影響受けているようで、名前もハウスのエクストラバガンザから頂いたようです。

YouTubeで上がっている動画でみるとボンテージ系。名前を変更する前も性的な名前だったことから、今回は相当キャラチェンジしたと予想しています。なので、パフォーマンスはキャンピーじゃないかも?

 

Jota Carajota(ジョタ・カラジョタ)


マドリッドで活動中 19歳 (撮影中は18歳 )

若い!情報があまり無いのかと思ったら結構いろんなことをしていてビックリ。ショーパフォーマンスも結構やっていて、アメリカ版のヴァレンティーナのような感じでフラメンコをリップシンクしています。もちろん、色んなジャンルにも挑戦している感じですかね。

とにかく、情熱的なクィーンのようですよ。

 

Juriji Der Klee (ジュリジ・ディ・クリー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝕁𝕯Ҡ(@jurijiderklee)がシェアした投稿

マドリッド出身 フランス(ブリュッセル)で活動中 31歳

トランスジェンダー女性。私たちの知っているハウスとは少し違うかもしれませんが、マザーだそうです。アート系のイベントなどを主催しているようです。

色々と調べていますが、何方かと言えば音楽家として活動しているようです。

 

Marina(マリナ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

MARINA(@marinaforev3r)がシェアした投稿


バルセロナで活動中 34歳

ノンバイナリーで、代名詞she/ herだそうです。

ドラァグマザーはクリスタル・フォエバーで、マリナはドラァグレースに出る前はあったフォエバーを取って出演している。現地ではクリスタルの方が先に出演するかと予想されていたらしいですが、何かあったのか。

あまり情報を見つけられないのですが、現地の予想はアーリーアウト若しくはTOP4と真っ二つに分かれている。

 

Marisa Prisa(マリサ・プリサ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marisa Prisa(@marisa.prisa)がシェアした投稿

マドリッドで活動中 28歳

ドラァグ以外の時は家族経営の漁業をやっているそうです。

裁縫が得意だそうですので、デザインチャレンジでは期待できそうですし、踊りも普通に出来そうなので結構いいところまでいけるかもしれませんね。

 

Onyx(オニックス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝗢𝗻𝘆𝘅(@onyxunleashed)がシェアした投稿


マドリッドで活動中 33歳

現地でも人気でありますが、海外組からは注目度ナンバーワン。その一方で、 アート系のクィーンはメイクに時間がかかるので、インスタグラムで見るような特殊メイク系は見られないのでは?とも言われています。MTQで言っているように何でもできるのかどうか、実際はあまり読めない。

 

Samantha Ballentines(サマンサ・バレンタイン)

カディスで活動中 35歳

うーーん、現地からもアーリーアウトと予想されています。動画なども探して見てみたのですが、あまり踊れなくパフォーマンスがカラオケのような感じなので、良いクィーンと思うのですがドラァグレースではあまり活躍できないかもしれませんね。

 

Sharonne(シャローン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sharonne(@hellosharonne)がシェアした投稿

マドリッドで活動中 45歳

現地からは優勝候補だと言われているようです。インスタグラムで見ると色んなメイクして有名人のモノマネをし、プライドなどでもパフォーマンスし、普通に踊れて歌えるようです。ドラァグ暦20年のベテランクィーン。

個人的にも楽しみなクィーンですね。

Venedita Von Däsh(ヴェネディタ・ボン・ダッシュ)

マドリッドで活動中 30歳

ヒゲクィーン来ましたね。現地でも人気があるようで、結構最後まで行くのではと予想されているようです。インスタグラムを見るとファッションショーなどのランウェイを歩いているし、パフォーマンスはバーレスクの結構激しい版みたいな感じなので、スペイン版バイオレット・チャチキのイメージに近い感じでしょうか。

個人的にも注目しています。

 

以上です!

シーズンと全く違った路線でせめていますよね。でも、楽しみですね。

言葉の壁があるので、情報は少ないですが参考にして頂けたら幸いです!