[DRAGULA] シーズン3 エピソード4 レビュー!

はい、アメリカ版Amazonから見ている方はご存知の通り、エピソード4の放送予定時間になってもされなかった。

しかも、カナダ版(確か)とitunesでは予定通り公開されたとかで、なぜかエピソード6までリークされてしまったとか?

東海岸では3時まで起きていた人も多かった様ですし、私も仕事を休んで待っていたのに本当にがっかりでした。

翌日朝にもアップされていなく、結局2日後確認するとエピソード5まで見られる様になっていた。なので、今週分の放送は無さそうですね。

次々と現地のビューイングパーティーはキャンセル、そしてDragula全米ツアーまでもキャンセルになっているそうです。

本当に、残念ですね。

こちらでも見られます エピソード4 https://www.dailymotion.com/video/x7ld7yx

 

さて、お題は〜

スポンサーリンク

ダンジョン&ドラァグクィーン!

 

何だかんだ、待ったかいがありました。

とてもいいエピソードでした。

昔しのダンジョン&ドラゴンズというボードゲームは知っていたが、ゲーム自体が日本にも入ってきているのは知らなかった。詳しい方も多そう。

そこで、キャラクターの割振りをステージで発表の時はみんな驚いていたけど、事前に知らされていたと思いますね。

 

そのあと作業部屋に戻ってから、マデリンとダリアが、先週に続き話していましたよね。

スクリーンタイム稼ぐ為に企んでたのかな?と疑ってしまう。もう話したく無いと言いながら、少しづつ詳細を出しているし。

 

もう一つ、イヴァの若い頃の告白もありました。

実は、ドラァグレースに何度もオーデションを受けていたらしく、最終的にDragulaに出演になったそうです。

Redditで、イヴァは活躍しているのに、なぜか視聴者とコネクトできていない、と言うスレッドまで立っていました。確かに個性豊かなメンバーだから余計ですよね。

最初の紹介映像でイヴァはピエロのドラァグ姿で他の人より写っている時間が長く注目はしていたものの、今ではその時のインパクトが薄れているようにも感じる。

 

スポンサーリンク

パセリアが恋しているイスラエルとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Good morning! Hope your week is off to a good start! #morning #morningselfie #bathroomselfie #scruffygay #gaydaddy #gaymuscle #muscle #tattoo #beautifulmen #losangeles

Israel Zamoraさん(@hermes_israel_)がシェアした投稿 –

少し話がずれますが(笑)

今回も無言で登場してスクロールを渡した謎の男性、フォロワー数も結構多いし人気のイスラエル・サモラ(Israel Zamora)という方です。

それで鍵を見つけるのがダリアになるのだけど、ここで嫌な空気が(笑)

マデリンのメンタルブレークダウンで感じたこと

鍵の意味を発表し、ダリアが自分を助ける事にしましたね。。

エクスターミネーションの内容は、残して欲しいと土下座的にお願いをする間、生ゴミを投げつけられると言うもの。

牛の血やホルモンを食べたり、スカイダイビング、変なタトゥーを入れる事に比べて全然良い気がするのだけどね。

で、このエピソード全体で、個人的にあのマデリンの強気な態度を見ていると、ドリアと一緒にオーデションでは無く番組から出演オファーをされたんじゃ無いかと疑い始めています。元々ドラァグレースの候補者だったみたいだしね。

それでマデリンが自分が悪いわけじゃ無いのに、ボトムにさせられるように仕組まれていたと思ったのかな?とも。

でも、これがまた視聴者的にはビッグウェーブとなり、とても良いエンターテイメントになったと高評です。大成功って感じ。

うーむ、ゲストジャッジには映画監督のダレン・ステインや脚本家のマイケル・バラッティがいたわけだから、ね!

 

結果的に帰ったのがマキシー。

以前ヨウスカが被り物をして指摘されていたのに、マキシーも被ってたから妥当だと思う。

マキシーが作っていた洋服をマネキンが着ていると、すごく良い感じなのに、本人が着ると印象が変わってしまうなぁ。何だろう。

 

「ドラァグレースに落ちたドラァグアーティストが出る所」というイメージを無くす為、良い意味で必死さを感じました。過去にはアクティングチャレンジは無かったから、ドラァグレースの真似と言う人もいますが、クオリティはとても高かったので大成功だったと思います。

本当に良いエピソードだった。

これから更に面白くなっていきそう。

 

Episode reviewed via Amazon Prime