ルポールのドラァグレース「シーズン13」エピソード6 感想レビュー!

ルポールのドラァグレース「シーズン13」エピソード6 感想レビュー!

今回はかなり遅れてしまい、エピソード7の冒頭10分が公開された後なので、レビュー内容には少々ネタバレあります。

エピソード7の冒頭10分がこちら https://www.youtube.com/watch?v=PqjuRvCbbk4

それでは、感想と裏話のレビューです!

スポンサーリンク

全体感想

このエピソードはフィラーエピソードだったのかな?多分。

でも、オリビアがWinnerに!!本当に嬉しい!

ディスコの歴史を伝えるエピソードだったんですが、知らないクィーンが多いことにポール不機嫌そうな笑いにウケた(笑)

で、ここにきてタミーシャが「ストーマ用装具」がお腹に入っている事を告白。そんな袋がお腹に入っていて、チューブみたいなのがお腹から出ているんですよね、多分。そんな状態でダンスはかなりキツかったはず。よく頑張ったと思いますね。なので、今回はタミーシャのボトムは早く安静にしてあげないといけないと番組側からストップだったんじゃないかな。シーズン9のユリーカの時みたいな感じですね。ただ、あの時は番組上の事故だったので次回のシーズンの約束は無い。タミーシャへのリスペクトだと感じます。

最後のルポールもコメントも良かったと思います。落ち着いたらオールスターズで会いましょう的な感じでしたよね。

なので、今回のエピソードの順位はごちゃごちゃだと思います。

エピソードあとの、ワッチャパッキングでのタミーシャの肌がピンピンしていて顔色が良いこと!相当きつかったんだと思います。

 

ドラマの真相?

まず、「キャンディ vs エリオット」のドラマについて

実はキャンディは今回の流れについて、放送される前からヒントを少しづつ出していました。NDAへ契約サインしているはずなので、かなりリスキーだと思います。エピソードが進むについれて、キャンディの発言の意図?意味?がわかるようになりました。そして、ついにエピソード5「アンタックド」でエリオットに自己認識について伝えたのですが大炎上。これを恐れていたんだと思います。

またエリオットはエリオットで、エピソード5までにツイッターで、自分が嫌われている事について悲しむツイートもしていました。そしてエピソード7の冒頭10分映像ではワークルームで、嫌われていて友達がいないと言うシーンがあります。

それでエピソード6を振り返ると、ミニチャレンジでタミーシャがエリオットをハグして緊張しないでと優しく落ち着かせているシーンがありました。流石にかわいそうに見える(編集の力で特に)。キャンディはこれを恐れているのかもしれませんね。

ただ、今もキャンディはエリオットを攻撃し続けています。インスタライブやドラァグショーで「エリオットにゲットーと言われ、シモーンにはラチェットと呼んだ」と暴露している。

このGettoやRachetなどというのはマイクロアグレッションになるのです。日本でいうと、「バカ◯ョンカメラ」などと似た感じで知らずに差別用語を使っている感じでしょうか。以前にもそんな発言があったが、エリオットは謝罪をしています。

次回のエピソード7以降で更にビッグウェーブが来るのか?

キャンディ vs タミーシャ

で、エピソード6の後にタミーシャが媒体のインタビューに答えているのですが、エピソード5のアンタックドの言い合いは、最初は半分冗談で「この中でどうでも良い人もいるけど、みんなグッドジョブだった」と言ったあと、キャンディが食いついてきたから素直な気持ちを話しただけと。で、確かにアンタックドを見直すと、タミーシャは最初はアドバイス的な感じで言っているんですよね。

実は、ミュージカルのリハーサル中に二人は和解したシーンがあったらしいが、カットされたと噂があります。最終的にアンタックドでその話題にさせられていたけど、アンタックドが放送されていない地域があるので(UKなど)、なので、地域によってはキャンディはヴィランのままなんですよね。意図的にその映像を流さなかったなら、エグい思いました。

ちなみに、タミーシャのグッズがバカ売れしているらしいですよ。

アラスカもタミーシャスニーカーを自慢しています。

タミーシャフィバー凄いですね!嬉しい。

 

以上・・・という感じでしょうか。

ちなみにユティカがVOUGEで取り上げられていますよ!ジャッジには微妙ですが、あのVOUGEは評価しているのですごい!

https://www.vogue.com/article/utica-queen-rupauls-drag-race-fashion-star

それでは、また来週!