ルポールのドラァグレース UK「シーズン2」エピソード7 感想レビュー!

ルポールのドラァグレース UK「シーズン2」エピソード7レビューです!

TOP5が決まりましたね〜。他のYouTubeやブログ的なのを調べると流石にみなさんファッションレビューだけになって話す事が無くなっていますよ(笑)

書く事があまりない!でも、とりあえずいってみましょう!

スポンサーリンク

ミニチャレンジとレイヴン

今回は使い捨ての3Dメガネにしたのはコロナの影響だと思います。消毒液系は肌を荒らすので、事前に消毒が必要のない、袋から取り出して使えるものを選んだんのかなと。

この「Reading Is what? Fundamental !」ていうのは、70年代〜80年代のテレビ番組かなにかの、キャッチフレーズだったそうです。ちょうど子供達が帰宅する時間にテレビで流れていたらしい。日本でいう「8時jだよ!全員集合!」みたいな感じなのかな?

そして、日焼けしすぎレイヴン。去年の6月あたりにかなり叩かれていたのですが、この時は11月頃なので、全く気にせずに日焼けし続けていたのかな?流石に隣にいるルポールより黒いのは・・・。

どう見てもサロン焼けなので、おそらく依存しているのだと思います。一時問題になったんですよね、日焼けマシン依存症。「βエンドルフィン」が形成されて、ヘロインと似た効果(快楽)を得られるとかで?依存してしまうって。ちなみに、Wikiによるとロシア系アメリカ人らしいので白人です。

 

メインチャレンジ

まぁまぁなエピソードだったかな。

普通に楽しめるので文句もないけども、全然ダメなクィーン vs ファッションクィーンの活躍がパターン化じていて、見飽きている感はある。

順位的には良かったかな〜、個人的に完成度でいえばビミニとローレンスが逆だった気もしますが。

最近のクィーン達の動画を見ているけども、(teamビミニではあるけど)ビミニが優勝しちゃうじゃん!とか思い初めています!って言って来週サッシェイしちゃったりして。なんかカリスマ性が凄いんだよね。

 

以上になります。短い!

全て10エピソードなので、あと3エピソードしかない!!UK版は早く感じますね。

6日にオーストラリア版のキャスト発表があるのですが、レビューするか正直悩んでいます。

それでは、また来週!