「ルポールのドラァグレース・オールスターズ」シーズン6 エピソード10 レビュー!

ルポールのドラァグレース・オールスターズ6、エピソード10の感想レビューです!

Game with in the Game.

もう、特にアメリカでは放送後大盛り上がりだったそうです。

さて、ドラァグレース(アメリカ版)は2日間かけ1エピソードを撮影しているそうです。1日目ミニチャレンジやメインチャレンジの準備など、2日目はメインチャレンジとランウェイという感じで。

で、今回ゲストジャッジやルポールが着ている服で逆算すると、まず1エピソード目で帰ったセリーナは4日間待機、ジグリーは2日間待機してエピソード3の収録の後にバトル。ジグリーが勝ったので、エピソード3で帰ったシルキーと一緒に2日間待機してエピソード4でバトル・・・というスケジュールだったんだと思います。

セリーナは4日間待機したけど、次のリップシンクまではクィーン達は平等に2日間与えられていることになります。曲もその2日前に渡されていたらしいので、シルキーが準備する時間があったからズルいというのは、曲を渡されるタイミング的に同じなので言い切れないんですよね。(ユーリカはたった30分)

本当それはそれは、色々とルポールも計算したんでしょうね。いままでにも曲を突然変えられたというアサシンたちから不満もあったので、裏では色んな計算されていたんだと思います。色々と不自然な部分がやっと理解できた感じですね。

ちなみに、ビューイングパーティーでラジャが、このエピソードのアンタックで初めてアルコールが提供され、TOP4がこのバトルを見ながら結構酔っていたと話していました。アンタックどでアルコールが禁止になっていたという噂は本当だったんですね。

スポンサーリンク

シルキーの小道具はどこから?

まず、シルキーにとって1戦目の小道具はグラスにアルコールと氷。これは元々ローストチャレンジ用に持参していたとインタビューに答えていたそうです。なので氷は恐らくフェイクですが、アルコールは本物だったのかもしれません。シルキーはかなりお酒が強いので。

2戦目(対ヤラ)はきっとホテルの冷蔵庫とかにあった水。

3戦目(対スカーレット)は色んなインタビューや動画を見てソースがごちゃごちゃなのですが、傘を分解して旗を作ったそうです。

4戦目(対アケリア)は部屋着とサッシェイした時に被っていたウィッグで分解して自作したそうです。

5戦目(対ジャン)はシルキーからまだ話されていないみたいですが、ピットストップでかな?クィーンたちはホテルの部屋からピザを頼めるみたいで、その時にピザを数枚頼んで、その箱からギターを作ったのではと予想されていました。

6戦目(対パンドラ)はシルキーはアリアナグランデの曲はよくリップシンクしているみたいで、事前に準備していたのを使っただけのようです。

7戦目はそのまま続いてユーリカとの対戦だったので、ここで小道具は持参していたサウナスーツ?って感じだったみたいですね。シルキーが途中で脱げなくて苦戦したことについては、次週に続きがあるから今は話せないとしています。

放送着、世界中から楽しませてもらったとシルキーの電子送金アプリにチャリンチャリンとチップが振り込まれていったそうですよ。総合的にいくらになったかは分からないですが、放送後の翌日のインタビューでは約2000ドル(日本円約22万)ほど入っていたと話していました。

 

アケリアの辞退の真相

シルキーがビューイングパーティーで、基本的に対戦相手は別部屋で待機していたし分からなかったと話していました。しかし、ヤラとの対戦前に、待機していた部屋にヤラのケラケラ騒いでいる笑い声が聞こえてバレてたとは話していました。

なので、予想はある程度していたかもしれないが、シルキーと対戦することは知らされていないようですね。

シルキーがあるインタビューでは、アケリアが辞退したことについて、本人は燃え尽きのようなことと、バッシングを受けたくないと思ってたと話していました。確かに過去のオールスターズでは大バッシングが色々とありましたしね。それに、自分というよりも親友のシルキーとラジャを応援に回ったという感じもあったようです。

そして今回の辞退について他のクィーンたちからも同情が多く、個人的にもジャッジやプロデューサーからよく扱われずに気の毒だと思っています。

 

スポンサーリンク

カットされた会話

シルキー対スカーレットのバトルで、バトル前の一言言い合うシーンの時に、なぜかシルキーの部分がカットされていたのはお気づきだったでしょうか?

それについてビューイングパーティーでは、スカーレットがシーズン11の時にあった「シルキーとニナ」のリップシンクバトルについて弄ってきたそうなんですね。あの、ニナがサッシェイした時。それで、シルキーがカチンときたから「(あなたと)ラジャの時みたいに、負けてRoobedって言わないでね」と言い返したそうです。そこがすっぽりカットされたそうです。

スカーレットは早い段階でルポールに切られると分かっていたとインタビューで話していたのですが、ラジャと仲直りするなど良い感じだったと思うんですね。やはり親友のシルキーはまだ許していないって感じで、ちょくちょくシェイドを言っている。

 

余談ですが、このエピソードの他の場所で行われていたビューイングパーティーでブルックリンとアケリアが一緒の席で居たところが目撃されたり、シルキーのロスコーズのビューイングパーティー中にブルックリンがシルキーに電話するなど、なんだかんだ仲良くしているので、やはりシーズン11は個人的にも好きなシーズンですね。

それではまた次週!