「ルポールのドラァグレースUK」シーズン3のキャスト発表!感想レビュー!

「ルポールのドラァグレースUK」シーズン3のMeet the Queensが公開中!今回は出演のドラァグクィーン個別の紹介ではなく、レビューをすることにしました。ばたばたしていて、ゆっくり調べる事がききずにレビューが遅くなり申し訳ございません。

シーズン3はズバリ!アメリカ版シーズン4を狙っていると思います。シーズン2では、とにかく凄いシーズンになると思うので、みて欲しい!という感想でしたが、今シーズンは色んなドラマや荒れるんじゃないかと予想していて、違った意味で面白いシーズンになると予想しています。

また、シーズン2でコロナ感染によりお休みになってしまったヴェロニカですが、相当浮いてしまうんじゃないかとも予想しています。オールスターズ6のパンドラ状態というのでしょうか。

さて、放送前から色々と過去をほじくられたり、ジェンダー差別なども起きています。まず、今シーズンの注目はAFABクィーンですよね。既にイギリスでは活躍していて、ドラァグレース史上初めてのAFABクィーンに相応わしい方だと思います。

とりえず動画!

その映像がこちら(WOW +でもみられます)

 

感想へいってみましょう!

 

スポンサーリンク

AFABクィーンとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

Victoria Scone(@victoriascone)がシェアした投稿

 

今シーズン初である、AFABクィーンのビクトリア・スコーン。彼女は普通にドラァグクィーンと呼んで欲しいとMeet the Queenのインタビューで話しています。

AFABとはAssigned Female At Birthの頭文字ですが、生まれた性別とアイデンティティが別の時に使われます。ドラァグクィーンの場合は決まりはないのですが、感覚的にAFABクィーンと自称の場合はノンバイナリーやクエスチョニングが多いように感じます。レズビアンの場合はバイオクィーンですかね。ビクトリアの場合は、ドラァグ以外でもShe/Herを使っているレズビアンと公表しています。

まぁ、問題になっているというかバッシングを一部のコミュニティから受けていたのですが、反動のかのように今現在は、イベントなどもスタンディングオベーションされるほど大歓迎状態だそうです。

気になるのは、今回はレズビアンだから良いという事ではなく、ストレート女性でドラァグクィーンもいるじゃないですか、そうあの有名なレディ・ガガ様とかね。やはりドラァグは自由であるべきだと思っています。既に同じドラァグコンペティションのDragulaではドラァグキングとAFABクィーンが出演していますし、その他にはキャンプワナキキでもシス女性(ストレート)も出演しているので、既にドラァグレースが出遅れているんですけどね。

POCクィーンが少なすぎる

 

この投稿をInstagramで見る

 

VANITY MILAN(@itsvanitymilan)がシェアした投稿

今シーズンでは、カリビアン系クィーン「ヴァネティー・ミラン」が唯一のブラッククィーン。やはりPOCが少ないという意見も多いんですよね。

でも、メディアでUKのPOCクィーンたちは、そもそもドラァグレースオーデションに応募ていないということが伝えられています。理由としては、BBCは賞金をだしていない上、本業でドラァグをしているクィーンが少ないし、やはり資金の問題が大きいそうですね。その上、有名になってもドラァグは一時的には稼げても将来どうなるか分からないという点。

今回出演のヴァネティーは、当時まだドラァグ歴1年と短いので、今回が初めてのオーデションだったと思います。また、今シーズンにはアジアンクィーン「リヴァー・ミッドウェー」もいますが、シーズン2にはアジアンはいなかったので、相当応募が少ないのだと思います。逆に言えば、チャンスですけどね。

BBCが離れて賞金が出る様になれば変わってくる気がします。

スポンサーリンク

人種差別は日常的?

SNSなどでも炎上したので、ご存知の方も多いかもしれませんが、既に2名が人種差別的な発言などでキャンセルされています。

アメリカ版のシーズン4に出演していたデダ・リッツのシーズンの撮影中の裏話しによると、カットされているけどシャロンはNワードを連発していたそうです(有名な話しですが)。それについてスタッフは注意すらしなかったけど、ウィラムだけがシャロンに止める様に話していたそうです。結果的にシャロンは優勝しましたが、そういった人種差別は番組側としては問題ないという考え方だというのが、時日がたった今年に放送されたばかりのダウンアンダー版を見て感じました。

そういった意味で、皮肉もありUK版シーズン3はUS版シーズン4になるのではと感じているのです。その人種差別的な事で叩かれているのは「チャリティ・ケース」と「クリスタル・ベルサーチ」です。

チャリティ(少し前に差別用語などについて謝罪しています)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Charity Kase(@charitykase)がシェアした投稿

 

クリスタル

しかし、現地の人から言わせると高校生の人種差別は今でも普通にされていて、チャリティの場合は16歳の時にツイートが叩かれ、クリスタルは19歳なので数年前は高校生。だから良いというわけではないのですが、今の流れでは中二病だとされている。

また、チャリティは非常に人気が高く、アメリカ版のシーズン3で優勝したラジャがドラァグマザーなので、世界的にも名前は知られているそうです。ドラァグ界でも才能が高く評価されていて、噂ではThe Boulet BrothersがDragulaのシーズン3に出て欲しいと口説きまくってオファーしていたとも言われている。結局断ったみたいですが、それで念願のドラァグレースに出演を果たし、またルポールからすると「ごっつあんです」な感じなので、まぁ・・TOP3までいくと予想しています、というか優勝するんじゃないかと。

 

という感じなシーズン3ですが、今月から放送開始予定です!

シーズン2とはまた違った感じで楽しみです。