「ルポールのドラァグレースUK シーズン3」エピソード6の感想レビュー!

「ルポールのドラァグレースUK シーズン3」エピソード6のレビューです。

先週の記事で、シーズン4の発表がないと記事に書きましたが、アップした数日後にオーデション募集を開始しました(笑) しかし、遅れていたの原因はわかりません。

はい、スナッチゲーム!マコーレー・カルキ以外は誰も知らなかったです!(笑)

この動画を見て納得しました。リップシンクはクリスタルvsリバーになるべきだったなど言われていますが、この動画を見て確かにチョリザは本物が面白すぎてモノマネは笑えなかったので、ボトムは間違いじゃなった気がする。

 

私の中でエラが急上昇中!次回が楽しみになってきました。
と感じですが、いったんエピソード5の話しに戻りますね。
スポンサーリンク

ルポール vs チャリティ

チャリティは脇毛、すね毛がボーボーのままで、タッキングもしていなかった。これについて、ルポールやミシェルなどが何も言わないのを不思議に思っていました。シーズン2のジニーレモンの時みたいに、グラマーだったり女性らしくなどと言われるのでは思っていたので。
出どころが、またウィラムなので信憑性にかけますが、どうやらエピソード5でバトルがあったのに、カットされてしまった様です。
その内容とは、エピソード5のランウェイ後、ルポールがチャリティに「グラマードラァグが見たい、足やお尻のムダ毛を剃って他のドラァグを見せて」のようなことを言ったそうです。で、アンタックへの移動中だかに、マイクが入ったままでチャリティが「もし価値があるんだったら、これ(番組?)はいらない」みたいなことを言ったらしく、その後タイミングはいつだったのか分からないけど、ルポールがステージ上で、チャリティを前に来てと呼び「この番組が必要ない?私の番組よりも優れていると思っているのか?」と言ったらしい。
エピソードを見ると、リップシンクの前にキティーとかパニックぽく、何かに焦っている感じでした。立っている状態でアップは時間差の映像を使って編集もできるので、上手に変種されたら分からないですよね。
ファンの間ではジャン現象と言われています。
ちなみに今エピソードではこのようなのを準備していたらしい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Charity Kase(@charitykase)がシェアした投稿

 

かぼちゃはフルーツなのかと議論されていましたが、果菜としてok?(笑)

 

 

ダブルサッシェイ

これは・・・良くも悪くも無いんですけど、ダブルサッシェイでも仕方がないのかな(笑)
シャウトって曲はショーなどでよく使われる曲だけあって厳しい評価にもなったとは思いますけどね。ただ、ダブルにしたのは、やはりプロデューサーとして危機感を感じたし、ステップイットアップと言っているのに、いまいちに感じているから、ムチを入れたのかなと。
実はチョリザがファンフェイブリッドなんですが、番組側は読めなかったんじゃいかと言われていますね。でも、10エピソードしかないので、もう1、2エピソード残せたかどうかは・・・かな。
でも、世界中が怒るほど、そこまで悪いエピソードではなかったけどなぁ。ミニチャレンジも悪くなかったし。
編集がクリスタルの優勝という流れになっているので、やはり優勝はクリスタルになるのではと言われ始めていますね。
今後どうなるか。
それでは、また次週!