ルポールのドラァグレース「シーズン14」エピソード4の感想レビュー!

ルポールのドラァグレース「シーズン14」エピソード4のレビューです。

ドラァグレース「UK vs 世界」通称インターナショナルオールスターズは安いっぽいという指摘もありますが私は楽しめました。なにより週中で見るものがあると嬉しいですよね。レビューもしていく予定です。

US版のエピソード5の冒頭・・3分?が公開されています。たった3分で、なんの意味があるのかが分かりません(笑)

 

今回のロスコーズのビューイングパーティのゲストが、コーンブレッド、ジューンでした。それでは、そこから行ってみましょう!

スポンサーリンク

コーンブレッド、1000ドル払う

先週書き忘れてしまったのですが、先週のビューイングパーティでダイアがコーンブレッドから1000ドル貰っていないと話していたのですが、その後、きちんと払ったそうです!

主に話された裏情報

・ジューンは踊っている最中に片方のヒールが脱げてたので、もう片方は脱いだ。編集は相当優しかった、実際はもっと(ジューンが)酷かた。
・昔の情報だと荷物はスーツケース3つまでだったと思うんですが、5つまで持参しても良いと話しています。
・ジョージアスは撮影に向かう飛行機の重量制限にひっかかり、荷物を送ることになった。
・司会のナーシャが「噂では本来JLoはエピソード3でゲスト出演の予定だったが、コロナで変更になったと」と。
・そして、JLoのキャンセルによって、ザ・ボールチャレンジはもっと後の予定だったが、変更になった様です。
・ホテル〜スタジオの移動は2台のバンに分かれ、仲が良い同士はスタッフが分けるようにしている。
・それにより、仲良しクィーンたちはワークルームのみしか交流がない。
・昔し、コーンブレッドの友達とジューンが付き合っていたことで知り合った。当時、その彼の真上の部屋にコーンブレッドが住んでいて喧嘩の声なんか聞こえてた。

 

という感じでしょうか。

見られなかったJLo

まず、著作権法により却下されたマディのガーメントをご紹介。

石岡瑛子氏がデザインしたザ・セル」からインスパイヤーこちら。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maddy Morphosis(@maddymorphosis)がシェアした投稿


ジューンはミュージックビデオ「Get Right (ゲット・ライト)」から。

 

この投稿をInstagramで見る

 

June Jambalaya(@junejambalaya)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

ケリーのは本物JLoが着ていたもの?

ネットでケリーがどうやって借りられたか話題になっていましたが、コーンブレッドがコネクションがあったと話していました。ケリーは有名ユーチューバでトランスジェンダー女性の「ジジ・ゴージャス」と仲が良く、ジジの旦那さん(ノンバイナリーからトランスジェンダー男性と公表)の兄は有名ファッションデザイナー「オーガスト・ゲティ」。石油王の血筋で父はあの有名な「ゲティ・イメージ」の創業者。かなり強いコネがあるようです。

(訂正:Jloは自分が着ていたものはキープし、同じレプリカを博物館へ飾られているのを借りたそうです)

 


しかし、本題はインスパイアされたものを独自にアレンジするということなので、そのまま借りてきた場合はルール違反じゃないかとプチ炎上していました。

 

メインチャレンジ

前後していますが、今回のアクティングチャレンジは面白かったですよね!

ネットではトップとボトムについて議論されていますが、見直したらトップはこれで良いと思いました。ボトムについては、まぁジャッジ的にはそうなるのかな。ケリーはそのままって感じで、コーンブレッドはそのままシルキーで、アリッサは変な声でスペイン語を話してたので。

今回のアリッサに対してのジャッジは人種差別だったという意見もありますが、S11のプラスティーク・ティアラの時も似たことがありましたよね。因みに、撮影順番としては、オールスターズ・シーズン6の後にレギュラーシーズン14と撮影されたので、ジャッジからするとシーズン6のヤラを見てきた後だったのでアリッサには厳しかったとも感じました。

リップシンクはどうなんでしょうね。実際アリッサはもっと酷かったのかもしれないし、ケリーがもっと激しく踊っているところがカットになったのかもしれないし。

 

全体的な感想

今回は更にマディとウィローのカリスマ性にびっくりしました。あまり期待していなかった分、余計に。なので、今シーズンはこのお二方、チームウィローとマディで決まりました(笑)

ちょっとボスコの影の薄さが気になりますねー。今回あの眉毛じゃないから、最初は誰だか分からなくって、眉毛にしている理由がなんとなく分かったきがしました。綺麗になりすぎるんだと。密かにボスコのファンですが、今現在は応援したくなるのが、ウィローとマディ(笑)癒されています!

そして、やはり少々炎上している、コーンブレッドとジャスミンのやりとり。友達だし、ホルモン治療を始めてまもなかった。何も真剣な話しではないというコーンブレッドの言い分と、ジャスミンは17歳の時にADD(注意欠如)とツイッターで告白したのですが、これが余計にかわいそうだったという流れですね。確かに何度も何度もくどかったですよね。

本当に個人的意見ですが、ケリーはおそらく唯一有名デザイナーを揃えて準備しているクィーンなんじゃないかと。ジョージアスも期待しているけど、ボディスーツ系が多そう?他は自作していたり、ローカルデザイナーや友達に頼んでいる様です。なので、それを考えると、もう少しケリーが見たいので(笑)今回残れて良かったと思っています。

いいねシーズン14。でも、なんだかリップシンクがまだしっくり来ないですね。

それでは、また来週!